事業所案内

ヘルパーステーションフレール

ヘルパーステーションフレール

地域包括支援センターは、地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行い、その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援するため、「包括的支援事業」により、地域包括支援システムの核となる役割を担う期間として位置づけられています。

すべての高齢者が、住み慣れた地域で、安心した生活が送られるよう、地域包括支援センターが中心となって、「コミュニティーソーシャルネットワーク機能」を取り入れながら、社会福祉協議会、民生委員、医療機関などといった地域における多様な支援機関が連携を強化し、「地域包括支援システム」をより一層効果的・効率的に勧めることが求められています。

当センターの合言葉

当センターの合言葉

スタッフからのメッセージ

スタッフからのメッセージ

看護師からのメッセージ

要介護状態にならないよう介護予防のための運動や、地域の会館での教室を勧めています。

社会福祉士からのメッセージ

皆さまの持っている様々な権利を守れるよう成年後見制度の紹介や、虐待の早期発見、消費者被害などに対応します。

主任介護支援専門員からのメッセージ

地域の介護支援専門員への後方支援として研修等を開催し、居宅介護支援事業所からの様々な相談にも対応しています。

サービス内容

圏域地域

大和田地域・姫里地域・姫島地域・福地域・大野百島地域・川北地域・出来島地域

地域包括支援センターって何をするところ ?

高齢者の皆さんが、いつまでも住み慣れた地域で、尊厳ある安定した生活が続けられるように
医療・保健・福祉・介護を、様々な面から支援を行います。

たとえば、どんなことをするの?

大きく分けて4つの業務があります。

【1】幅広く高齢者を支援します

総合相談と支援

介護保険に関することのほか、福祉や保健、医療など、生活をしていくうえで困っていることなど、各種相談を広く受け付け、さまざまな社会資源につなげる支援を行います。

【2】自立して生活できるよう介護予防のお手伝いをします。

介護予防マネジメントの実施

元気な高齢者や、要支援・要介護になるおそれのある人、要支援 1・2と認定された人など、その人の状態に合わせた介護予防を支援します。

【3】皆さんの権利を守るお手伝いをします

権利擁護事業

高齢者の方々に対する虐待の防止や早期発見のための地域との連携、悪質な訪問販売などによる消費者被害の防止、成年後見制度などの活用について支援を行います。

【4】多方面から皆さんを支えます。

地域のケアマネージャーさんなどの支援、
包括的、継続的ケアマネジメント支援事業

支援の団体、行政、医療機関などと連携し、ネットワークづくりに力を入れ、高齢者の方々を支援します。また直接、高齢者を支えるだけでなく、ケアマネージャーのネットワークの構築や困難事例への助言を行うことにより、間接的に皆さんを支援します。

相談内容の一例

心配事

  • うちのおばあさん、物忘れが多くなってきたんだけど・・・。
  • 足腰が弱ってきて、この先が心配・・。
  • 悪質な訪問販売の被害にあったけど、誰にも言えない。
  • 退院した後、家で生活ができるかどうか心配・・・。
  • 最近、物忘れが多くて、一人で生活していくうえでお金の管理が心配・・・。
  • 隣の一人暮らしのおばあちゃんが気になるんだけど。
  • 介護保険の申請をしたい。

当センターの相談体制

相談体制

社会福祉士2名、地域で活動経験のある看護師1名、
主任介護支援専門員3名で、合計職員は6名です。

これらの専門職が連携して、それぞれの専門性を活かしながら
チームで相談業務に当たります。

また、介護予防プランをたてる介護支援専門員1名も常時います。

ご利用いただける方

高齢者ご本人のほか、ご家族や地域の皆様も
お気軽にご利用ください。相談は無料です。

受付時間・受付日

月曜日から金曜日9:00~19:00
土曜日9:00 ~17:00
日祝日、年末年始12月30日~1月3日まで休業
※夜間・日祝日などの上記窓口受け付け以外の時間は、電話にて相談を受け付けております。

所在地・ご連絡先

社会福祉法人 博陽会 西淀川区南西部地域包括支援センター
〒555-0034
大阪市西淀川区福町2丁目4番16号
TEL 06-6476-3550
FAX 06-6476-3560

大阪市西淀川区福町2丁目4番16号